S&P500って何?S&Pについて初心者にもわかりやすく解説したのでご覧ください

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

投資に興味がある方はS&P500を知っている方も多いと思います。

馴染みのないワードだ、という方に対してS&P500についてまとめてみましたのでご覧いただけると幸いです。

この記事はS&P500をすぐに理解したい、という方のための記事です。

是非最後までご覧ください。

S&P500とは

「S&P500がとても有名なことは知っているけれども、釈然としない」という方も多いことでしょう。

時間のない医療従事者にとってS&P500はいい銘柄であることに間違いありませんが、なんとなくで投資することはよくありません。

S&P500とは2つの単語から成り立ち、「S&P」とはStandart & Poor’sの会社が算出した、米国の代表される500社の株価の平均値を表した指数のことを指します。

すなわち代表的なアメリカの会社の平均値を表しているために、株式市場の調子がこの指数で大体わかります。S&P500が上昇しているのならば株式会社全体の調子が上向きであるということを表しています。

長い目で見ると好調であり、徐々に増加傾向でありますが、この10年は3倍の価値にまで膨れ上がっているほど好調です。

米国の株価指数を表すものとして代表的なものの中に、S&P500、NYダウ、NASDAQ100がありますが、3つの代表的な指数の中で最も優秀なのがこのS&P500なのです。

それぞれ構成銘柄に違いがあるため気になった方は調べてみてください。

S&P500、NYダウ、NASDAQ100の違いについてhttps://money-bu-jpx.com/news/article030927/

S&P500に連動する投資信託

S&P500に連動する投資信託はいくつかあります。

eMAXIS Slim米国株式・SBIバンガードS&P500 iFree インデックスが主なものになります。手数料(信託報酬)に違いはありますが、どれもS&P500に連動しているものです。

手数料に違いがありますので、手数料ついて購入前によく確認したほうが良いでしょう。

S&P500は投資をはじめる初心者にとって最適解

投資初心者にとってはS&P500は優れた銘柄です。

株式投資上級者でも株式投資のリスクヘッジ、分散投資の概念からS&P500を持っている方は多いでしょう。

投資信託、ETFでS&P500への投資が可能となります。

S&P500は優れた銘柄ですが、S&P500だけあればいいといった考えを持つのはやめましょう。

かつて「ニフティ・フィフティ」という「素晴らしい50銘柄」と呼ばれている銘柄がありましたが、これもオイルショックの時代に衰退しています。

分散投資は自分の身を守るために重要です。

まとめ

アメリカの株式市場は世界経済の中心ですので、なおかつその市場のなかでも代表的な株式会社から構成されるS&P500を買うことは合理的なことだと思います。

今後もS&P500には期待したいところです。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました