atsueigoさんの発音マスタークラスの感想・レビューを知りたい方のための記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

atsueigoさんの発音マスタークラスの口コミやレビューを知りたい方も多くいらっしゃることでしょう。

私はYouTubeでatsueigoさんを知り、この動画から発音マスタークラスを知りました。

atsueigoさんの発音マスタークラスを使ってみた一個人の感想をお伝えしていきたいと思います。

この完全攻略法では

1.英語で独り言を唱えてみる

2.文字ではなく音で英語を考える

3.英語で英語を考える

4.英語をカタマリで考えてテンプレ化する

5.常に英語のことを考えて日常に英語のアンテナを張る

と英語が話せるようになるコツを5つにカテゴライズして説明してくれています。

atsueigoさんの発音マスタークラス

英語を音で考える際に必要なのが発音です。

発音ができることは英語で話す時に必要なスキルの一つですが、英語を聞く時もまた必要になるスキルの一つです。

TED Talksやその他のスピーチ動画で漫然と勉強しているだけではネイティブの発音を完全に習得することはできません。

母音は日本語では5つだけなのに対して英語は13もの母音が存在します。一つ一つを理解していなければなんとなく英語が発音できた気になってしまうだけです。

英語が目から入ってきた際に理解できるものが耳から入ってきた際に理解できないのがこの発音の壁があるからです。

発音を理解し正しく使うようになればそれと同時に英語を聞くことができるようになることになります。

atsueigoさんの発音マスタークラスでは英語の発音について詳しく説明してくれています。

atsueigoさんの発音マスタークラス|Pronunciation Masterclassで英語の発音を体系的に学ぶことができます。ネイティブスピーカーのニックさんと2人で授業してくれるので独特の掛け合いがあって面白いし飽きないです。

”back”と”bag”を正しく発音する

さて、”back”と”bag”を正しく発音することができますか。

ちなみに最後の音素はネイティブは省略することが多く、ほとんど似たような発音になります。

これがわからなければネイティブの英語は聞き取れるようになるためには長い時間を要することになるでしょう。

このように混同しがちな英語は他にもたくさんあります。

このような発音の一つ一つを500分にわたり丁寧に教えてくれるのでとてもコストパフォーマンスが良いと思います。

pool vs pull, bit vs beat など混同しやすい発音の単語はたくさんあります。

このような混同しやすい単語たちを動画内での”Minimal pairs exercise”で何度も声に出しながら練習することができます。

full vs fool も混同しやすい単語の一つだと説明されています。正しく発音しないと相手に不快な思いをさせてしまうかもしれませんね。

自己投資の一つとして是非一度発音マスタークラス|Pronunciation Masterclassを受けてみてはいかがでしょうか。

登録するとリンクが送られてきて発音クラスを受けることができます。

何度でも見直せて、分からなくなったときなどに見直せることができます。

リンクを他人から教えてもらって不正受講もできそうですが、値段以上に充実したレッスンですので、正しい手続きで購入したものを利用してくださいね。

おわりに

この動画講座を通常価格¥5,480で購入しました。私はこのatsueigoさんと友達でもなんでもありませんし、この方から宣伝広告費をいただいているわけではありません。

英語を勉強する方々にもっと英語学習を効率的に進めてもらいたいという気持ちからこの記事を書いています。

この記事を通じて、多くの方が英語をもっと聞き取れるようになれることを願っています。

今後ともresidential.comをよろしくお願いいたします。

英語
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました