介護分野が未経験でもデイサービスの副業バイトは可能-看護師の役割をチェック

スポンサーリンク

看護師の副業の1つに、デイサービスの単発バイトがあります。

病棟勤務が本業の看護師にとっては、まったく異なる現場なので戸惑うこともあるでしょう。

しかし介護分野が未経験の看護師でも、あらかじめイメージをしっかり持っていれば自信を持って働けるはずです。

本記事で、デイサービス看護師の役割や1日のスケジュール、デイサービスで働くメリットやデメリットをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

デイサービス看護師の役割

デイサービスでは医師は常駐していません。

また、デイサービスで働くスタッフは介護士が大半を占めています。

そのためデイサービスで働く看護師は、医療の観点から利用者の健康状態をチェック・管理することが重要な役割です。

利用者は、デイサービスに入浴やリハビリを目的に訪れます。

病院と違って療養の場ではないということが大きなポイントです。

入浴や運動を行っても大丈夫な状態かの判断、体調不良者やケガ人が発生したときに適切に対処できるかどうかが求められます。

デイサービスバイトの1日のスケジュール

デイサービスでの単発バイトの流れの一例は以下の通りです。

  • 8:30 出勤・業務内容説明・バイタル測定準備
  • 9:00 利用者の出迎え・順次バイタルチェックと入浴可否の判断
  • 10:00 入浴後の塗り薬や湿布薬貼付など処置
  • 10:30 レクリエーションサポート
  • 11:30 食前薬配薬・食事配膳・食事介助
  • 12:30 休憩
  • 13:30 食後薬内服チェック・看護記録
  • 15:00 おやつ配膳
  • 16:00 利用者のお見送り
  • 17:00 片付け・退勤

デイサービス副業バイトの報酬

デイサービスでの副業の報酬は、時給1,600〜2,000円ほどの案件がほとんどです。

半日のみの募集をしているケースもありますが、ほとんどが1日勤務なので、1回の勤務あたり1万円以上稼ぐことは難しくないでしょう。

デイサービスで非常勤看護師として雇用してもらうよりも高時給な場合もありますよ。

看護師がデイサービスで副業バイトするメリット

デイサービスで単発バイトをするメリットは以下の通りです。

  • 緊急対応などのプレッシャーはほぼない
  • 体力的に楽な業務がほとんど
  • 定時に退勤しやすい

緊急対応などのプレッシャーはほぼない

デイサービスの勤務では、利用者の急変といったような緊急対応はほとんどありません。

そのため、精神的なプレッシャーは感じにくいでしょう。

高齢の利用者が集まる施設なので、まったくなにも起こらないということはありませんが、病院に入院している患者と比較すると健康な人がほとんどです。

副業バイトでまで、緊急時のプレッシャーを感じたくないという人には、デイサービスはおすすめの勤務先と言えます。

体力的に楽な業務がほとんど

デイサービスの看護師業務では、力仕事はほとんどありません。

介護度にもよりますが、杖歩行や車椅子移動をする利用者ばかりです。

当然、トイレや入浴時の移動・移乗介助は必要ですが、日常生活援助は介護士の役割です。

看護師は、はじめに紹介したようなバイタル測定や医療処置などの業務がメインなので、体力を使う仕事がないのは魅力の1つですね。

定時に退勤しやすい

デイサービスでのバイトなら、ほとんどのケースで残業はありません。

急性期病棟のような緊急対応を行う機会がないため、スケジュール通りに仕事を進めやすいためです。

勤務中でも時間に追われるのは利用者の入浴前後であることが多く、他の時間は比較的ゆったり記録や生活介助などを行えます。

そのうえ単発バイトの場合はその日の業務さえ責任をもってこなせたら退勤となるので、その日の看護師業務以外の仕事を任されることがありません。

定時に上がりやすい要因の1つと言えるでしょう。

デイサービスで副業バイトするデメリット

看護師がデイサービスで副業バイトをするデメリットには、以下の2つが挙げられます。

  • 医療技術のスキルアップは見込めない
  • 利用者とコミュニケーションが取りづらいことがある

医療技術のスキルアップは見込めない

デイサービスでは看護師としての業務量が少ないこともあります。

介護士業務の援助が大半で、医療技術などのスキルは身につきません。

そのため、医療的にスキルアップをしたいという看護師には向かない現場と言えます。

ただ、様々な現場で働くことで、本業で関わる患者の退院後の生活イメージをつけることができ、より質の高い退院支援を行える可能性があるという点ではメリットにもなりえます。

利用者とコミュニケーションが取りづらいことがある

デイサービスで単発バイトをする場合、その日のみの関わりとなるため、利用者とコミュニケーションが取りづらいこともあるでしょう。

クセの強い利用者が1人いるだけで、1日仕事がしづらいと感じることもあるかもしれません。

しかし、単発バイトの看護師を採用するデイサービスでは、利用者が単発勤務の看護師に慣れていることもほとんどで、積極的に話しかけてくれることもあります。

そのため、身構えすぎずに利用者一人ひとりと関わってみることをおすすめします。

地域に住む利用者とのコミュニケーションで得た学びを、本業でも活かせるはずです。

まとめ

デイサービスでの単発バイトのイメージはできましたでしょうか。

看護師の副業の1つとしてデイサービスも経験しておくことはおすすめですが、向いているかどうかは、メリットやデメリットを把握したうえで判断しましょう。

MCナースネットやスーパーナースでは、とくに単発バイトの案件を多く取り扱っているので、デイサービスバイトについて気になる人はぜひチェック・登録してみてください。

>MCナースネット

>スーパーナース

>スーパーナース

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました