看護師を辞めたいと思うのは甘えではない【働く環境や人間関係を変えよう】

スポンサーリンク

「看護師を辞めたいと思うことは甘え」だと言われた経験がある看護師はたくさんいるかもしれません。

ですが、看護師を辞めたいと思うことは決して甘えではありません。

働く環境や人間関係が変わったら、続けたいと思える職場に出会えることもあるでしょう。

本記事で、看護師を辞めたいと思う気持ちは甘えではなく当然な流れだということを知り、少しでも精神的ストレスを軽減してくださいね。

スポンサーリンク

職場を辞めたくても辞められない看護師の特徴

看護師を辞めたくても辞められない人は、以下のような特徴があります。

  • 辛くても我慢してしまいがち
  • 過酷な環境を当たり前と感じている節がある
  • 「1つの職場に最低でも3年は…」という思い込みがある

看護師が働ける職場はたくさんあります。

転職先を探そうと思えば探せるにも関わらず、同じ職場をなかなか辞められない人は大勢いるでしょう。

あるいは、そもそも看護師自体を辞めたくても、「看護師という国家資格があるのに」という思いに縛られたり、いまさら他の職種で働けないと自信をなくしてしまう人もいるかもしれません。

どんな仕事であっても、職場環境や人間関係が合わなければ「辞めたい」と思うのは当然のことです。

そのため、「看護師を辞めたい」と思うことは甘えでは決してありません。

きつい看護実習や国家試験勉強を含め、一般の学科にはない忙しさを乗り超えたにも関わらず辞めたいと感じるなら、職場や人間関係が合わないということが考えられます。

「辞めたい」と感じる自分自身を責めないでくださいね。

先輩看護師に『辞めたい気持ちは甘え』と捉えられる理由

先輩看護師や上司から、「最低でも3年は頑張ろう」という言葉をかけられた経験がある人はいるのではないでしょうか。

3年間経つとできることが増えて楽しくなる、仕事にプライドを持てるようになる、といったような声掛けは、よく聞かれます。

しかし、「最低でも3年」という年数は、どこから来ているのでしょうか。

プリセプターになれるくらいの知識や技術を持てるようになるから、リーダーを務める機会を与えられるようになるから、など、理由はさまざまあるかもしれません。

しかし、3年働いたら先が開けるか、明るい未来が待っているのかどうかはその人次第です。

周りが指図するようなことではありません。

なお、辞めたい気持ちを甘えと捉えるような先輩看護師や上司は、以下のような特徴があるでしょう。

  • 転職経験がなく、1ヵ所の病院で働き続けているお局
  • 人の弱みや悩みがわからない・聞く耳をもてない性格
  • 年を取っても夜勤や残業をこなす体力がある
  • これまでに大きなライフスタイルの変化がない 
  • 自分の考え方が正しいと思い込んでいる

患者の看護にあたってアセスメントを得意とする先輩看護師が、後輩の精神的苦痛を理解できないのは、上記のような特徴に当てはまるからかもしれません。

周りがどんどん辞めていき、また逃げ出したいと思っている仲間がいるような職場で働いているなら、なるべく早く環境を変えることが最善策と言えるでしょう。

先輩看護師に「辞めたい気持ちは甘えだ」と捉えられ責められたとしても、それが甘えかどうかは自分自身が決めることです。

ブラックな職場で働きつづけても精神的ストレスがたまる一方なので、1年目の新人でも7年目の中堅でも、辞めたいときに辞める勇気を持つことも大切ですよ。

看護師を辞めたいときの対処法-甘えるのは悪いことではない

看護師を辞めたいと思っても、とことん自分を甘やかして大丈夫です。

辛い日々が続いているなら、休みの日は遊んだり、ちょっとした息抜きに気を向けましょう。

なかでも一番の対処法は、人と比べないことです。

  • 周りは勉強していてすごいな…
  • みんなどんどん技術があがってる…
  • 同期が先輩に気に入られてる…
  • 自分には体力が全然ない…
  • みんなやる気があるのに、自分はすぐに辞めたいと思ってしまう…

こんなふうに感じている人は、考えを改めてください。

人はそれぞれ違います。

看護師として働いているならよくわかっているはずです。

人と自分を比べてばかりでは、「甘えてしまっている」という思いが強くなりがちです。

ですが、「人と自分は違う、だから自分は自分の考えで看護師を辞める!」と決断するのは、悪いことではありません。

看護師を辞めたいなら転職を検討してみよう

看護師が必要とされる職場は、急性期病棟だけではありません。

介護施設、デイサービス、クリニック、総合病院の外来、訪問看護ステーションなど、さまざまです。

「せっかく看護師の資格を持っているから、活かせる仕事に就きたい」と思う人は、上記のような職場を選択肢に入れるとよいでしょう。

しかし、「どんな職場であっても看護師自体を辞めたい」という人は、新たな職探しをしてみるのも1つの手段です。

せっかく資格を得た看護師ですが、辞めることは甘えでも恥ずかしいことでもありません。

実際に働いてみないと見えない、知らない世界だったというだけで、看護師として働くのが性に合わなかったという結果になるのは珍しいことでもないからです。

現代では転職が当たり前とされており、男性はもちろんのこと、女性向けの転職サイトも充実しているので、ぜひ一度検討してみてくださいね。

病院団体が運営する看護師向け転職支援サービスのとうきょうナースステーションがあります。

一般的に入手しづらいとされる、人事情報やリアルな待遇を手に入れることができます。病院に関する良いことだけでなく、悪いこともしっかりと記載されていますので参考になるサイトです。

いちどみてみてくださいね。

まとめ

「看護師を辞めたい」という気持ちがハッキリしているなら、退職や転職に向けて行動を始めましょう。

辞めたいのに辞められないと悩み続けていては、精神的ストレスから体にも不調が現れかねません。

「生活あっての仕事」なのに、「仕事あっての生活」のような逆転した生活を送っている看護師はたくさんいます。

ですが、「周りがそうしているから自分もそうでなくてはいけない」という決まりはどこにもないので、自分の心身を大切にできる職場探しをしていきましょう。

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました