不動産投資で医者がカモと言われる理由と投資を始める際の注意すべき点について解説します

スポンサーリンク

不動産業界において、医者は”カモ”と言われているのは事実です。

医者が狙われやすい理由については、このあと詳しく解説しますが、しつこい営業をする不動産会社に当然問題はありますが、勉強もせずに不動産投資を始める側にも問題はあると考えます。

そこで、この記事では、これからで不動産投資を始めようと考えている方に対して

・不動産業界において医者が“カモ”と言われている理由

・その理由を理解した上で、不動産投資を始める際の注意すべき点

について解説します。

具体的には

(1)不動産投資で医者が狙われやすい理由

①属性が高い

②高年収である

③本業が忙しく不動産投資を勉強する時間がない

(2)不動産投資を始める際の注意すべき点

①不動産投資を始める前にしっかり勉強する

②自分に適した投資方法を見つける

③具体的な勉強方法を紹介

の順番に解説します。

この記事は5分程度で読めますし、

不動産投資会社(特に悪徳業者)は、どのような人を狙うのか?

また、それに対する防衛策や不動産投資を始める前に準備しておくべき点について理解できると思います。

まずは、ご一読下さい!

スポンサーリンク

不動産投資で医者が狙われやすい理由

不動産投資において、医者が狙われやすい理由は下記の3つです。

①属性が高い

②高年収である

③本業が忙しく不動産投資を勉強する時間がない

それぞれ解説します。

属性が高い

不動産投資で高額の物件を購入する際、ほとんどの方が金融機関から融資を受けると思います。

金融機関が融資審査をする際、年収、勤務先、勤務年数、保険証の種類、住居の種類などの情報を総合的に見て判断します。

一般的に融資しやすい人を「属性が高い」と呼んでいます。

医者は年収が高く、公務員の方は収入が安定いていることから属性は高いとされています。

年収が多いほど、また収入が安定している人ほど返済能力が高いと評価されるため、多くの融資金額を受けることができます。

医者という職業は収入が多いだけではなく、社会的信用もあるため属性は非常に高くなります。

定年もなく、万が一自己破産したとしても医師免許が剝奪されることはありません。

そのため金融機関からは、属性が高いと判断され融資審査に通りやすいため、不動産物件の販売先としてターゲットになりやすいのです。

高年収である

投資用マンションを購入するには数千万円以上、マンション1棟だと億を超える資金が必要となります。

高額の融資を受ける場合、さすがに頭金なしでは審査に通らない可能性があります。

その点、高年収である医者であれば自己資金を多く用意できるため、約1,000万円の頭金を用意できれば億を超える融資でも問題なく審査に通ると思われます。

不動産会社から見て、物件販売をする際に課題となるのが融資審査です。

せっかく物件の買い手が見つかっても、融資審査が通らず契約不成立というのは良くあるケースです。

属性が高いと融資審査に通りやすく、また自己資金を多く用意でき高額物件でも購入可能である医者という職業は不動産会社から見て絶好のターゲットなのです。

本業が忙しく不動産投資を勉強する時間がない

医者は本業がとても忙しい職業です。

そのため不動産投資を勉強する時間が取れず、しっかり勉強されないまま投資を始める方が多いようです。

不動産会社から物件購入を勧められても、その物件が優良物件なのか自分で判断することができず、営業マンから勧められるがまま契約してしまうケースが後を絶ちません。

勧められるがまま高額な物件を購入してしまう医者と言う職業が、不動産業界において“カモ”と言われる理由がご理解いただけたと思います。

不動産投資を始める際の注意すべき点

それでは医者が不動産会社のカモにならないように不動産投資を始めるには、何に注意すればいいのでしょうか。

注意点は、

①不動産投資を始める前にしっかり勉強する

②自分に適した投資方法を見つける

③具体的な勉強方法を紹介

の3つです。

不動産投資を始める前にしっかり勉強する

不動産投資は専門知識をしっかり勉強する必要があり、株式投資などに比べれば難しい投資になります。

ただし株式投資は未来の価格を予測する必要があり、努力した結果が必ず利益につながるとは限りません。

一方、不動産投資は未来ではなく現状分析が非常に重要です。

そのため努力して勉強した分、成功する確率が高くなるのも不動産投資の特徴です。

したがって不動産投資を始める前は、自分自身でしっかり勉強しておくことが重要です。

不動産セミナーなどは主催する不動産会社が悪徳業者である可能性もあり、おすすめしません。

失敗しないためにも、最初は可能な限り独学で不動産投資の勉強を始めるのが成功への近道となります。

初心者の方は、どうやって不動産投資の勉強を始めたらいいのか、何をどのように勉強すれば良いのかさえ判らない方も多いと思います。

おすすめの勉強方法については、後ほど解説します。

自分に適した投資方法を見つける

不動産投資の投資手法は多岐にわたります(下記①~④は代表例を記載)。

①住居系(ワンルーム、マンション、マンション、戸建て)

②テナント系(商業ビル、駐車場、倉庫)

③宿泊系(民泊)

④太陽光発電など

不動産投資で、まず思い浮かぶのは住宅系(マンション、アパート、戸建て)ではないでしょか。

少ない資金から始めるのであれば、ワンルームや中古戸建て経営からスタートするのも良いでしょう。

大家として、本格的に不動産投資を始めるのであればアパート1棟買い、資産価値の高い不動産物件に特化するのであればマンション投資です。

物件購入後の運営負担を最小限に抑えたいのであれば、駐車場や太陽光発電など投資家の運用方針や適正を考えて投資手法を選ぶことができます。

具体的な勉強方法を紹介

初心者の方は、どうやって不動産投資の勉強を始めたらいいのか、何をどのように勉強すれば良いのかさえ判らない方も多いと思います。

そこで、おすすめの勉強方法3選をご紹介します。

①    不動産投資に関する本を読む

最初に不動産投資に関する本を多く読みましょう。

不動産投資にはマンション、アパート、戸建てなど様々な投資手法があります。

投資家の運用方針や適正、資金力などを鑑みて自分に適した投資手法を見つけることが重要です。

そのために、多くの不動産投資本を読み、多種多様な投資手法を勉強するところから始めて下さい。

また、宅建試験の勉強をすると不動産の知識が身につき宅建士の資格もとることができるため一石二鳥です。

宅建試験の勉強はスタディングが良いでしょう。オンライン講座で当直中など場所を選ばず気軽に勉強することができます。

②    不動産投資ブログを読む

不動産投資ブログは無料で読めるのがメリットです。

しかも実際に不動産投資で成功した方が、自分の経験談などを投稿しており、これから不動産投資を始まる人にはとても有益な情報が多く掲載されています。

無料で有益な不動産投資ブログはぜひ読むべきでしょう。

おすすめの不動産投資関連ブログを紹介します。

もふもふ不動産(https://white-sun.co.jp/media/)

サラリーマンから不動産投資家になるまでの実体験や不動産投資の具体的な手法について惜しみなくブログに公開しています。

Twitterフォロワー数7万人、YouTube登録者24万人と言う数字を見ても、一般の方から支持を得ている証拠です。

③    不動産投資スクール

独学が難しいと思われた方には、不動産投資スクールで学ぶ方法もあります。

少し受講料は高めですが、体系化された教育プログラムを一から学ぶことができます。

また、わからない点などあれば、講師に質問して教えてもらえますので、着実に理解度は上がるはずです。

また不動産投資スクールではWEBでの受講も可能であり、医者などの忙しい職業の方でも時間や場所を選ばず勉強ができます。

不動産投資スクールでは受講料が運用資金になっていますので、不動産業者主催の投資セミナーとは違い、不動産物件を勧誘されるような心配はありません

ちなみに不動産投資セミナーの中には、職業を医者に限定したセミナーもあるようです。

不動産会社にとって、このセミナー参加者は絶好のターゲットです。

セミナー終了後に、掘り出し物件がありますと言って、物件購入をその場で即決させようとしてきます。

このような場合、物件購入は絶対に即決はせずに、必ず見積りなどを入手して慎重に検討して下さい。

たくさんある企業の中でも「勝つための不動産投資ドットコム」が紹介する企業は、誠実な営業マンを多く抱える企業、良質な金融機関と提携する企業、責任ある管理を行える企業など、30年後も信頼できる企業が多く人気です。

参考にしてみてください。

まとめ

今回は医者が不動産投資のカモとして狙われやすい理由について解説しました。

医者は属性が高く高年収であるため、不動産の購入に繋げやすいと認識されています。

そのため医者は、不動産投資を始める前に自分で勉強したり、自分に合った投資方法を発見するように注意する必要があるのです。

これから不動産投資を検討している方は、安易に不動産の購入をせず、慎重に開始するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました