看護師向け人工呼吸器セミナー-定期開催されるオンラインセミナー情報

スポンサーリンク

人工呼吸器のセミナーと一言でいっても、様々な企業や組織が開催しているため探すのは大変ですよね。

この記事では、定期的にセミナーを開催している組織をピックアップし紹介しています。

検索しても古い情報しか出てこないことも多いため、定期的に情報が更新されているサイトで効率よくセミナー情報を集めていきましょう。

スポンサーリンク

看護師向け人工呼吸器のセミナーおすすめ3つ

看護師向けの人工呼吸器に関するセミナーで定期的に開催されているものを3つピックアップしました。

  1. メディカ出版
  2. 日総研
  3. mhan(エムハンク)

各社で過去におこなわれた人工呼吸器のセミナー内容、時間、値段などを具体的に見ていきましょう。

メディカ出版-受講料無料の講座もある

メディカ出版のオンラインセミナーでは、スライド資料が用意されています。

スライド資料を送付してもらう場合と、自宅でダウンロードする場合とで値段が異なるため、自宅で印刷できるならダウンロード版をおすすめします。

なお、資料送付の場合でもダウンロードも可能です。

講義動画は内容や分野によりますが、110分〜150分のものがほとんどです。

メディカ出版で過去に開催された人工呼吸器に関するセミナーをチェックしてみましょう。

セミナー名人工呼吸器 苦手意識克服セミナー
収録時間約110分
スライド資料43ページ
受講費資料送付:8,000円資料ダウンロード:6,000円
主な講義内容人工呼吸の目的や開始基準など基礎的なこと基本的な換気様式と機能量規定換気と圧規定換気

メディカ出版の人工呼吸器に関するオンラインセミナーのなかには、受講料無料のものもあります。

受講料無料のセミナーは、出版社独自のツールではなくzoomを使った開催であることや、スライド資料がないという注意点があります。

しかし現役医師や大学院の教員による60分間のたっぷり講義のため、受講する価値は高いと言えるでしょう。

金銭的に余裕がないという方は、ぜひ無料講座もチェックしてみてくださいね。

参照:研修セミナー|メディカ出版

日総研のセミナー-全国の会場やオンラインで随時開催

日総研のセミナーは録画のため、配信期間中は何度でも見返すことができます。

下記画像のように「すぐ見れる」と書かれた講座なら、申し込んだその日に視聴できるため、なるべく早く受講したい人におすすめです。

日総研で過去におこなわれた人工呼吸器関連のセミナーの概要をチェックしてみましょう。

セミナー名人工呼吸器管理中によく遭遇する異常の予測・判断とピットフォール
収録時間約4時間
視聴期間約2週間
資料テキスト1冊送付あり
受講費一般:13,000円会員:10,000円
主な講義内容人工呼吸管理に必要な呼吸生理人工呼吸器のモードと設定人工呼吸器のアラームの種類と対応のコツIPPVの設定から紐解く患者観察のポイントNPPV中の患者ケアと落とし穴NPPVの適応と初期設定まとめ~講師からのメッセージ

上記で紹介したもの以外にも、人工呼吸器に関するセミナーは取り扱われています。

随時開催されているため、気になった時にチェックするとすぐに見つかる可能性がありますよ。

参照:日総研 Seminar|日総研

mhank-オンラインセミナーを毎日開催中

mhankでは公式のアプリがあり、アプリでセミナー開催情報のチェックや予約ができます。

mhankではほぼ毎日オンラインセミナーが開催されており、人工呼吸器のセミナーも毎月受講可能です。

以下、過去にmhankで開催された人工呼吸器関連のセミナーの概要をまとめました。

在宅用人工呼吸器や在宅用NPPVを中心に、慢性期の人工呼吸器管理に必要な知識を身につけるためのセミナーです。

セミナー名これでばっちり! 慢性期用人工呼吸器(人工呼吸器とNPPV)
収録時間約4時間半
資料なし
受講費13,750円
主な講義内容在宅用人工呼吸器・NPPVの特徴在宅用人工呼吸器とNPPVのモード在宅用人工呼吸器とNPPVの設定慢性期人工呼吸器管理の観察ポイント

一般病棟で小さめの人工呼吸器を使う患者を診る機会がある看護師や、訪問看護で人工呼吸器やNPPVに関わる機会がある看護師におすすめです。

参照:医療スタッフのためのスキルアップセミナーのご案内|mhank

こちらの記事もオススメです。

看護師さんの転職サイトはとうきょうナースステーション

まとめ

看護師向けの人工呼吸器に関連するセミナーを3つご紹介しました。

記事のなかで紹介したものはあくまで過去に開催されたものですが、同じ内容のセミナーが随時開催されているため、気になる企業のサイトは逐一チェックしてみましょう。

「多すぎてどれを選べばいいかわからない」と迷う場合は、講義の内容や値段、受講時間などを比較し、無理なく受講できそうなものを選んでみてくださいね。

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました