資産形成の秘訣は節約にあり!あなたの支出をカットする方法【無料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産形成の秘訣は節約にあり!

こんにちはhirotaka0793です。

資産形成において、すぐに効果が現れるのは何だと思いますか?

多くの方が株式投資や不動産投資のような、資産運用の方法を思いつくでしょう。

答えは資産運用ではなく、「節約」です。

正しく節約できれば、日常の無駄を削減できるだけではなく、資産運用の元本にもなります。

この記事では、節約を始めるための手順や、効率的に節約する方法を解説します。

最後まで読めば、資産形成を始めるための第一歩を踏み出すきっかけになりますよ!

H2 なぜ節約が大切なの?節約は資産形成の第一歩

資産を増やしていくために、節約は欠かせません。 

資産形成に必要な行動は下記の3点。 

・収入を増やす 

・支出を削減する 

・資産運用する 

1つ目の「収入を増やす」は資産を増やすためのシンプルな方法ですね。 

会社で昇進・昇給して受け取る給与額を増やしたり、副業収入を得たりすれば、貯金残高を増やせるでしょう。 

2つ目の「支出を削減する」は、3つの中では軽視されがち。 

しかし家計から出ていく額を抑えられれば、長期的に大きなお金が手元に残ります。 

3つ目の「資産運用する」も資産形成には欠かせません。 

現在は低利率ですので、銀行に預金しているだけではなく、リスクを取って金融商品に投資するのも必要なのです。 

上記3点の中で、すぐに実行できるのは支出削減、つまり節約です。 

本業や副業で収入を上げるのには時間がかかりますし、投資への挑戦は心理的ハードルが高いもの。 

加えて節約で浮いたお金を活用すれば、資産運用を始める際の元手として活用できるのです。

したがって、気軽に資産形成したい人は節約から始めるのをお勧めします。 

「節約って苦手…」と感じるあなたへ!効率的に節約するための3ステップ

それでは効率的に節約を始めるための手順を解説します。

大まかな手順は下記の通り。

①支出の内訳を知る

②見直すべき支出を選ぶ

③計画を立てて節約していく

はじめに1か月の支出の内訳を記録します。

記録し終えたら、全体に対して占める割合の高い項目を選びましょう。

そして支出の大きな項目を節約すれば、削減した分を貯金や資産運用に回せるのです。

このように大きすぎる支出を削るのが節約のポイントになります。

それぞれの手順を詳しく解説します。

①支出の内訳を知る 

まずは1か月間の支出の内訳を知りましょう。

そのためには毎日の支出を記録し、後で見直せるようにする必要があります。

記録する媒体は、ノート・メモ帳・家計簿アプリなど、何でも構いません。

参考までに総務省統計局の「家計調査報告」から、2020年10~12月の20~30代単身者の平均支出と、2人以上世帯の平均支出を取り上げてみます。

20~30代単身者の平均支出2人以上世帯の平均支出
食料38,75981,352
住居20,17229,147
光熱・水道6,78520,095
家具・家事用品3,59913,493
被服及び履物8,22810,293
保険医療2,92815,281
交通・通信21,59639,875
教育010,862
教養・娯楽20,00126,760
その他11,79954,229
合計133,867301,387

※参考:総務省統計局|家計調査報告 ―月・四半期・年―

(その他の支出は、理美容サービス・理美容用品・身の回り用品・たばこ・他の諸雑費・交際費などを指します)

20~30代単身者と2人以上世帯ともに食料・交通・通信の割合が高めであると分かります。

 ②見直すべき支出を選ぶ

1か月の支出を把握できたら、見直すべき支出の項目をチェックしましょう。

支出額の大きい項目から削っていくのがポイントです。

例えば上記した総務省統計局の「家計調査報告」を見ると、支出割合の大きかった項目は次の通りでした。

・食料

・交通・通信

・教養娯楽

・住居

・光熱水道

以上5項目を例にして、支出を削る方法を解説します。

 ③具体的に削る方法

ここからは、食料・交通通信・教養娯楽・住居・光熱水道の5つを削減する方法をお伝えします。

①食費

食費の中で大きくなりがちな支出は外食です。

例えば通勤前・昼休みに買うコンビニ弁当やチェーン店での食事、そして自動販売機で購入する飲料水など。

これらの支出が大きい場合、削減していく必要があります。

コンビニや外食、自動販売機を頻繁に利用している方は、弁当と水筒を持参するのがおすすめです。

家で自炊している場合、翌日の弁当も一緒に作れば、時間短縮につながるでしょう。

なお、コンビニによく足を運ぶ方は、余計なものばかり買っていないか確認するのを推奨します。

弁当を買うついでに購入するスナック菓子やアイスなども、毎日積み重なれば無視できない金額になるでしょう。

②交通・通信費

交通・通信費で大きな支出になりがちなのは、下記の通り。

・終電を逃した後に利用するタクシー

・スマートフォンの利用料金

遅くまで飲み会に参加していて、終電を逃した経験のある方もいるのではないでしょうか。

その際に利用したタクシー代は、大きな支出になるので、余計な出費をしないようにしましょう。

また、スマホの月額料金の割合も大きいのではないでしょうか。

月額料金を見直す場合、使用していないオプションを解約したり、契約内容を変えたりするのがお勧めです。

加えて、格安SIMの利用を検討するのも良いでしょう。

格安SIMであれば、従来通りに電話・ネットを利用できるだけではなく、毎月のスマホ料金を1000~2000円台にできます。

ただし混雑する時間帯によっては、通信速度が落ちる点にご注意ください。

③教養娯楽

教養娯楽で大きくなりがちな支出の具体例は、

・雑誌

・サブクリプション

などが挙がります。

毎回買い続けている週刊・月刊誌はありませんか?

本当に自分のためになっているかどうか再確認し、不必要だと感じられる場合、買うのを止めてみると良いでしょう。

また、定期利用しているサブスクリプションにも注意が必要です。

例えば会員制のスポーツジムや動画・音楽配信サービス、電子書籍の読み放題サービスなどが挙がります。

ほとんど利用していなければ、思い切って解約してみてはいかがでしょうか。

④住居

見直す支出の中で、家賃の削減は最も困難かと考えられます。

賃貸にお住まいの方は、引っ越しする時以外に見直す機会はないでしょう。

もし現在の家賃が高い場合、物件の契約時に不動産会社と交渉してみるのも手です。

また、住んでいる物件の価格が、現在の募集価格より高い場合も、交渉のチャンスになります。

例えば住んでいるアパートの家賃が5万5000円であるのに対し、不動産会社で募集されている別の部屋が5万円だったとします。

このような時に不動産屋に交渉すれば、差額を少しでも埋められる可能性があるのです。

⑤光熱水道

光熱費・水道費の支出割合が高い時は、下記のような対策をしてみましょう。

・LEDを使用して電気代を抑える

・エアコンはフィルターを掃除し、扇風機を使って空気の循環をする

・風呂のフィルターを掃除し、残りの湯を使って洗濯する

・冷蔵庫は何度も開け閉めしない。中の食材を整理整頓する

・電力会社を見直す

普段の習慣の積み重ねですので、すぐに節約の成果は出ないでしょう。

しかし続けていけば、光熱費・水道費も抑えられます。

始めから完璧に節約しないよう注意!

具体的に支出を減らす方法について解説してきました。

注意すべきは、始めから完璧に支出削減しようとしないことです。

なぜなら無理に節約しようと試みれば、生活の質を下げる恐れがあるためです。

例えば食費を削り過ぎたり、定期的に通っていたスポーツジムを解約したりするのは、良い節約方法とはいえません。

たしかに生活の中で支出割合の高い項目は見直すべきですが、それが必要な支出であれば削るべきではないのです。

そのため全体に占める割合が高く、なおかつ無駄な支出を削るようにしましょう。

まとめ 

今回は節約の方法について解説しました。

資産を増やすには、収入アップと支出削減、そして資産運用をしていくのがお勧めです。

この中で最も手をつけやすいのが支出削減、すなわち節約になります。

節約のためには、毎月の支出の内訳を知り、支出割合が大きい内容なら見直すのが効率的です。

しかし必要な支出であれば、無理して削減してはいけません。削るべきは、支出割合が大きくて不必要な支出です。

今回ご紹介した節約方法を参考にして、資産形成の第一歩を踏み出してください!

今後も、医療従事者という尊い仕事を全うしている皆さんの『行動』の原動力となる記事をupしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました