【無料】なぜ海外不動産投資をする人がいるの?メリットとデメリットを解説します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちはhirotaka0793です。

今後の将来を考えて資産運用を行う時に、現物資産に投資したい方におすすめなのが不動産投資です。

不動産投資は景気に左右されることなく安定して利益を出すことができるので、この不景気の状態でも始めようと考える方は多いでしょう。

そんな不動産投資には、国内不動産への投資だけではなく、海外不動産に投資するという方法もあります。

そこで今回は、海外不動産投資についてのメリット・デメリットについて具体的にご紹介していきます。

海外不動産投資のメリット

ではまずは、海外不動産投資に関するメリットについて解説します。

値上がり益が国内よりも期待できる

日本は土地の少ない国なので、将来的に土地価格が上がることが期待できると考える人もいると思います。

しかし、日本ではすでに少子高齢化が進んでおり、人口は減少傾向にあります。

また、日本はすでに高度経済成長期を終えて先進国となっているので、今後急激に土地価格や物件価格が上昇する可能性が高いとは言い切れません。

しかし、世界各国を見てみると、人口が増加傾向にありまだ物件価格が上昇している国もあります。

そのような国では、今後も住宅の需要がより高まることが予想されます。

そのため、安い時に買えばより高い値上がり益を獲得することができるでしょう。

築年数が古い物件に抵抗がない国も多い

日本では、築年数が古くなってしまった物件はあまり人気がなく、新築を好む人が多いです。

しかし、海外では築年数が100年以上を超えた物件も取り扱われており、そこまで抵抗がなく住んでいる方は多い国もあります。

そのため、築年数の古い中古物件でもリノベーションをすれば、借主は多くしっかりと家賃収入をとることができます。

そのため、安く購入して安定した収益をとることも可能でしょう。

分散して投資を行うことでリスクを減らせる

国内の物件を複数持って分散投資を行うことを考えている方もいると思いますが、日本は災害の多い国なので、異なる地域に物件を持っていたとしても災害によってはどちらの物件も被害を被ってしまう可能性もあります。

そのため、災害のリスクが少ない国に分散投資を行うことによって、安定して家賃収入を得ることができます。

海外不動産投資のデメリット

海外不動産投資にはメリットもありますが、同時にデメリットも存在します。

ここからは海外不動産投資のデメリットについてご紹介していきます。

賃貸管理が難しい

不動産投資を行う場合、自分で物件の管理をすることは難しいので管理会社に委託をする方がほとんどだと思います。

しかし、海外不動産の場合は現地の不動産業者とコミュニケーションをとらないといけないので、言葉の壁や文化の違いを感じることも多いでしょう。

どんな業者なのかを判断するのも難しいので、トラブルを回避するためには自分で現地に行ってコミュニケーションをとりながら見極めることが重要となります。

金融機関からの融資が受けられない場合が多い

国内不動産投資の場合、専用の投資ローンが銀行に用意されており、それを使って物件を購入することができます。

融資を使えば、手元の多くの資産がなくても投資を始めることができるのでメリットが大きくなります。

しかし、海外不動産投資に対応している金融機関は現状ほとんどありません。

そうなると、かなり多額の自己資金が必要になります。そのため、海外不動産を行うには、ある程度の余剰資金が必要になるので、投資ができる方が限られてくるでしょう。

為替変動によって資産が目減りすることもある

海外不動産投資の場合、現地の通貨で家賃が払われるので、その収益を日本円に換金しなければいけません。

その換金の際の為替相場によっては、資産が目減りする可能性もあります。

また、換金のための手数料も合わせて考えると、あまり大きなメリットを享受できない物件もあります。そのため、購入する際には日本円と現地の通貨の為替変動の推移や手数料についても確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

不動産投資は現物資産なので流動性は高くありませんが、長期的に見ると大きなメリットを享受できる投資方法です。

その中でも海外不動産投資は人口が増加していて将来性のある地域で行えば、家賃収入も値上がり益も大きく獲得することができるため、国内不動産とは違う良さを感じることができるでしょう。

しかし、海外不動産投資の場合は物件の管理の難しさや為替変動による資産価値の変化などのデメリットもあるので、しっかりと事前にリサーチと準備をしておくことが重要です。

難しいと感じる方はぜひ専門家に相談して投資することをおすすめします。

今後も、医療従事者という尊い仕事を全うしている皆さんの『行動』の原動力となる記事をupしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました