【現役専門医監修】上級医がこっそりレジデントおすすめの各診療科の本を教えてくれました

スポンサーリンク

こんにちはhirotaka0793です。

今回はレジデントで各診療科を回る際におすすめの参考書を各診療科の上級医から秘密裏に聞いてきたのでお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

レジデントおすすめの各診療科のテキスト

各診療科のローテーションの際に何もわからず、困ったことはありませんか。

各診療科それぞれの特色があるために、それぞれの勉強をしない限りは何も知識のないままローテーションしていても何も得られません。

せっかく時間をかけてローテーションしているならば少しでもその診療科のことを理解したいですよね。

今回は各診療科の少し踏み込んだ内容の部分でありながら、レジデントならこれくらいは知っていて欲しいと言った内容が記載してあるおすすめのテキストをラインナップしました。

レジデントの方は参考にしてみてください。

ちなみにテキストは各診療科の上級医の先生にご助言をもらったものです。それではどうぞ。

ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブックVer.5

ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブックVer.5

糖尿病科

日々進化を続ける糖尿病科のテキストです。

ハンドブックとのことですが、しっかりボリュームのある王道のテキストです。

最新のエビデンスや知見を症例から学んでいく構成となっております。

血糖降下薬やインスリン製剤についての記載が充実しており、実践にそくした内容です。

重要なポイントも記載しており、糖尿病を学ぶのならこの一冊で決まりですね。

CT読影レポート、この画像どう書く?〜解剖・所見の基礎知識と、よくみる疾患のレポート記載例

CT読影レポート、この画像どう書く?〜解剖・所見の基礎知識と、よくみる疾患のレポート記載例

・放射線科

放射線科について初めて学ぶのであればこの一冊です。

レポートの記載例から学ぶことができるために、実践にすぐに使える知識が得られるからです。

放射線科医になる先生に限らず、内科レジデントになる方にもぜひ見ていただきたいテキストです。

放射線科を研修するレジデントなら一度は聞いたことのあるテキストかと思います。

イラストレイテッド外科手術 第3版 縮刷版 膜の解剖からみた術式のポイント

イラストレイテッド外科手術 第3版 縮刷版 膜の解剖からみた術式のポイント

・一般外科

一般外科レジデントのための定番手術テキスト。

若手一般外科医でこのテキストを知らない人はいないと思います。

このテキストは一般外科手術の習得の近道となるでしょう。

丹精込められたイラストは本物そのものです。圧倒的おすすめテキスト。

当直でよく診る骨折・脱臼・捻挫

当直でよく診る骨折・脱臼・捻挫

・整形外科

題名こそ何かコミカルな印象を受けますがとても理論的でかつためになる一冊。

前期研修が終了してからも当直で重宝します。

内科を専攻する先生にもこれだけは知っておいて欲しい、といった内容になっております。

当直でよく見る『骨折・脱臼・捻挫』について詳細に書かれており、とても勉強になります。

あなたのプレゼン誰も聞いてませんよ!―シンプルに伝える魔法のテクニックでもお馴染みの渡辺先生がご執筆されており、とても読んでいて楽しい内容です。

心臓血管外科手術のまずはここから

心臓血管外科手術のまずはここから

・心臓血管外科

『まずはここから』と記してあるとおりレジデントの先生向けのテキストです。

開閉胸や人工心肺の着脱についてわかりやすく丁寧に書かれており、若手心臓血管外科医が遭遇する疾患について余すことなく書かれております。

他のテキストと比べ説明が丁寧でわかりやすいためレジデントが終了してからも重宝することができるでしょう。

まとめリンク

ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブックVer.5

CT読影レポート、この画像どう書く?〜解剖・所見の基礎知識と、よくみる疾患のレポート記載例

イラストレイテッド外科手術 第3版 縮刷版 膜の解剖からみた術式のポイント

当直でよく診る骨折・脱臼・捻挫

心臓血管外科手術のまずはここから

まとめ

各研修科をローテーションする際に押さえておきたい参考書をピックアップしてみました。

この記事を読んだら即、行動にうつすことが大切です。

何もしないのならばこの記事を読んでいない人と一緒です。

大きなスタートダッシュを切りましょう。

今後も、医療従事者という尊い仕事を全うしている皆さんの『行動』の原動力となる記事をupしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました