もし海外不動産投資を行うならどこの国を選ぶ?ついに決定あなたがぜひ投資したいおすすめの国2つ

スポンサーリンク

近年、海外不動産投資についての注目が集まっています。

現物資産である不動産は流動性が低いので景気の影響を大きく受けないので、コロナ禍で大変な今でもぜひ投資をしたいと思う人が増えているようです。

ただ、いざ海外不動産投資をしようと思ってもどこの国の物件を購入したらいいのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、海外不動産投資を行うのにおすすめしたい国とそのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

日本から投資できる海外不動産は限られている

海外不動産投資といっても、自由にどこの国の物件も購入できるというわけではありません。外国人からの購入を規制しているところもあるため、決まった国の中からよりメリットのある国を選別する必要があります。

そのため、海外不動産投資を行いたいと思っている方は、まずは自分が投資したいと思っている地域が外国人の物件購入を認可しているかを調べる必要があります。

海外不動産投資でおすすめしたい2つの国

ではここからは、日本人が不動産投資を行える国の中でおすすめしたい地域とその土地のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

アメリカ

アメリカで不動産投資を行うメリット

アメリカは誰もが知っている経済大国です。

その上、現在も人口が増え続けているため、不動産の需要も高く、今後も物件の価格が値上がりする可能性が高いと言えます。

また、アメリカは古い物件に関してもあまり抵抗がない方が多いことで知られています。そのため、築100年を超える物件でも、売買されていることも多々あります。

そのため、より安い価格で購入して家賃収入をとることも可能でしょう。その上、アメリカの物件は日本人だけではなく世界各国の投資家が注目しているので、外国人が不動産投資を行うための環境も整備されており、より安心して取引を行うことができるでしょう。

アメリカで不動産投資を行うデメリット

アメリカで不動産投資を行う場合、英語で取引を行わないといけません。

そのため、英語を喋れないとなかなか難しいでしょう。

また、アメリカと日本では時差がかなりありますので、コミュニケーションをスムーズにとるのが難しい場合も多いようです。

より簡単に不動産投資の手続きを行いたいと思う方は日本語ができて信頼できるエージェントを探すことが最も重要になります。

タイ

タイで不動産投資を行うメリット

タイで不動産投資を行う1番のメリットとしては、現地にたくさんの日本人が住んでいることです。

日本に比べてタイは物価が安く、親日国としても知られているので、日本人で移住する方が現在も増え続けています。そのため、現地で不動産業を行う方もいらっしゃいます。

そのため、信頼できるエージェントを見つけるのも他の国に比べると容易でしょう。

また、時差も2時間程度と小さいので、国内の不動産投資と大差なくスムーズに取引を行うことができます。

また、タイは日本に比べて物価が安いので、日本の物件は高くてなかなか手を出せないという方でも、挑戦しやすい価格設定となっていると言えるでしょう。

タイで不動産投資を行うデメリット

タイで不動産投資を行う場合、最も人気があるのは首都であるバンコクの物件です。

しかし、近年バンコクの物件は値上がり傾向にあります。そのため、あまり国内と変わらない利回りになっている場合も多く、海外不動産ならではのメリットが受けられないところもあるでしょう。

また、タイで不動産投資を行う場合には金融機関からの融資が受けられない可能性が高いので、自分で投資資金を用意する必要があります。

タイの物件は比較的安いといってもある程度の資本が必要になりますので、投資できる方は限定されるでしょう。

ただ、バンコク以外にも賃貸需要の高い地域はありますし、まだ人口が増えているタイでは今後も不動産に対する価値は高まっていくことが考えられます。

そのため、より信頼できるエージェントを見つけて相談すれば、よりよい物件を探すことも可能になるので、まずは日本人で安心して任せられる方を見つけられるかどうかがキーポイントとなります。

まとめ

海外不動産投資は国内不動産投資にはないメリットを受けることができるので、魅力的に感じている方も多いでしょう。

しかし、海外不動産投資の場合はどの国にも投資できるわけではありませんし、国内不動産にはないコミュニケーションの難しさなどのリスクもあります。

そのため、事前にしっかりとリサーチした上で安心して手続きや物件探しを任せることのできるエージェントを見つけることが重要になります。

ぜひ自分の投資したい国でよりメリットの大きい物件を見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました