【現役看護師監修】「看護で使える言葉がけシーン別実例250」コミュニケーションに悩んだらコレをみてください

スポンサーリンク

看護師として働く上で、患者様とのコミュニケーションはとても重要ですが、その壁に当たって悩んでしまう看護師さんは多いでしょう。

新人看護師さんに多い悩みではありますが、長く働いている看護師さんでも、患者様とのさまざまな場面において「言葉がけ」に悩むこともあると思います。

そんな時に役立つのが、「看護で使える言葉がけ シーン別実例250」です。

看護で使える言葉がけ シーン別実例250

この本はタイトルにあるようにシーン別に見れるようになっており、処置・ケア時の対応、各科別の患者対応、ご家族への対応、クレーム・セクハラ・困ったときの対応など項目に分かれているので、自分が気になるシーンでの一言をすぐに確認することができるのです。

この記事では、本書のおすすめポイントについて触れていきます。

スポンサーリンク

この本はこんな人におすすめです

  • 新人看護師さん
  • コミュニケーションにつまづいている看護師さん
  • 新人看護師さんに教える機会の多い指導者さん
  • 患者様との関係をもっと良くしたいと考えている看護師さん
  • クレームやトラブル対応をする機会の多い役職のある看護師さん
  • もっとレベルアップしたいと考えている看護師さん
  • 看護師の仕事について知りたい人

この本はこのような人におすすめです。

おすすめポイント①「言葉がけ」の大切さがわかる

この本は「言葉がけ」=「看護の奥深さ」といったところを感じることができる内容です。

最近は電子カルテが普及し、情報はデータ化され、パソコンやタブレットと睨めっこをしながら患者様に質問し、情報収集することが多くなりましたね。

かといって、コミュニケーションをおろそかにしているつもりはないでしょう。

昔は患者様との情報収集の主なツールはコミュニケーションや触診でした。

その時代に比べると、やはり患者様と向き合って話をしたり、触診する機会が減ったことも事実でしょう。

そんな時代だからこそ、言葉がけは非常に大切なのです。

言葉がけ一つで、患者様への印象はガラッっと変わります。

言葉の内容が理論上間違っていなくても、エビデンスは合っていたとしても、少し言い方を変えるだけで、随分と印象が違います。

「言葉がけ」とは正しいことを言うことではなく、「シーンに適した言葉の選び方」です。

この本を読むことで、言葉遣いや言葉の選び方を理解することができ、「言葉がけ」の大切さがわかるでしょう。

おすすめポイント②看護の仕事の尊さを知ることができる

この本は看護師以外の人が読んだとしても、看護の仕事の素晴らしさがわかる本です。

ここで、看護学生の娘さんに本書をプレゼントされた方のレビューをご紹介しましょう。

「感動の物語でした。看護と言う職業とはどんなに時代と世界が変わっても唯一なくならない、必ず必要とされる仕事だと思いました」

「看護は人本来の自然治癒力を高めるところにあるというのが目から鱗でした。」

「人間同士の奥深い絆というものが伝わりました。人の手によって行われる本当の意味での”看護”とは何かを、考えることができました。」

「たったひとつの温かい看護が、患者様を救うこともあり、看護の奥深さ、尊さを本書から感じました」

この本をプレゼントされた方ご自身は看護師ではないそうです。

しかし、看護の仕事の奥深さや尊さを感じられたそうです。

おすすめポイント③看護師としてレベルアップできる

この本は、随所に印象的なナイチンゲールの言葉を引用しながら、筆者の豊富な経験を踏まえて書かれています。

看護師さんは患者様の痛みを少しでも取り覗いたり、不安があれば寄り添い、その人が本来持っている治る力を最大限引き出します。

そこに言葉がけは非常に重要であり、簡単にできることではないかもしれません。

ですが、そんな場面で適切な「言葉がけ」ができると、尊い看護を実践できるでしょう。

時代の流れによって、看護師には高度なコミュニケーション能力が求められるようになってきています。

また、日々勉強を重ね、多忙な業務をこなしていくうちに、本来の看護の姿を失ってしまうこともあるかもしれません。

もちろん、さまざまな知識や技術の勉強は必要です。

しかし、それを実践する上でも、基本となるコミュニケーションや言葉がけができるかできないかで、看護師としてのレベルは大きく変わるでしょう。

まとめ

この本のおすすめポイント

  1. 「言葉がけ」の大切さがわかる
  2. 看護の仕事の尊さを知ることができる
  3. 看護師としてレベルアップできる

この本は、作者が実際に関わってきた患者様とのエピソードも多く、説得力があります。

この本を読むことで、本当の看護とは何かということを、とてもわかりやすく理解できるはずです。

それを理解できると、コミュニケーションに悩んでいる看護師さんにとって、大きな前進になることは間違いないでしょう。

看護師向けの参考書はたくさんありますが、「言葉がけ」は全ての基本です。

ぜひ一度手に取って読んでみていただけたら嬉しいです。

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました