【現役看護師監修】看護師さん必読の心電図おすすめ参考書をご紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師さん必読!心電図おすすめ本3選

看護師さんや看護学生さんは、たくさんの知識や技術を習得する必要がありますが、中でも特に壁にぶつかりやすいのが心電図の読み方ではないでしょうか?

長年の実務経験があるベテラン看護師さんでさえ、心電図に不安を抱えている人も多いでしょう。

務める場所によっては心電図がわからなくとも問題ない場合も多いです。

ですが、心電図が正確に読めると看護師さんは医師からも信頼されるでしょう。

また、いざ急変!というときにモニター心電図を装着する機会もあり、

そんなときに、医師を待たずに波形が読める看護師さんは非常に心強いです。

この記事では、看護師さんだけでなく研修医や検査技師など心電図に関わる仕事をする、またはしようと思っている人や、

心電図でわからないことがある人などにおすすめの本を3つご紹介します。

こんな人におすすめです

  • 新人看護師さん
  • 心電図につまずいている看護師さん
  • 今まで心電図から逃げてきた看護師さん
  • 研修医さん
  • 検査技師さん
  • 医師や検査技師、看護師を目指す学生さん

おすすめ本①「これならわかる! 心電図の読み方 ~モニターから12誘導まで~ (ナースのための基礎BOOK) 」

これならわかる! 心電図の読み方 ~モニターから12誘導まで~ (ナースのための基礎BOOK)

この本の一番良いところは、心電図を見たときの基本的な意味がしっかりと説明されているということです。

おそらく看護師がこの本を手に取ることは多いと思いますが、看護師でなくて一般人がこの本を手にとっても心電図のことが理解できるようになるのでは?と感じるほど、内容がわかりやすく説明されているのです。

心臓の仕組みから始まり、循環についても説明されています。

また心電図において一番基本となる、P波やST異常といったものも一つ一つ丁寧にその意味が説明されているのでわかりやすいと感じます。

つまり、心電図の基礎を広く学ぶことができるそんな1冊です。

すべてを一度で理解するのは簡単ではありませんが、繰り返し心電図の基本について振り返るときには、この本の知識が欠かせないでしょう。

おすすめ本②「看護の現場ですぐに役立つモニター心電図 (ナースのためのスキルアップノート)」

看護の現場ですぐに役立つモニター心電図 (ナースのためのスキルアップノート)

この本の一番のおすすめは、何を一番に覚えていけばいいのかということがしっかりわかることです。

心電図の緊急度順に説明されており、まず何から覚えていかなくてはいけないのかということが、【優先順位をつけて理解すること】ができます。

そのため手っ取り早く心電図を見直す、覚えるといった時に最適な本です。

また実際に患者さんが急変したとき、看護師さんもパニックになってしまうこともあります。『医師に伝えたいけれど、どのように伝えたらいいのかわからない…』と、焦ってしまうこともあるでしょう。

そんな時、この本には【どのように伝えたらいいのか】ということが書かれているので、伝え方を学ぶことで、本のタイトル通り、現場ですぐに役に立ちます。

おすすめ本③「新装版 ナース・研修医のための心電図が好きになる!」 

新装版 ナース・研修医のための心電図が好きになる!

新装版の前の本も好評でしたが、本書は改訂前よりも一層見やすくなっています。

難しいことは考えず、単純におかしな波形を見つけて、周りの人に知らせましょうというスタンスで進行していくので、最低限の把握すべき心電図を覚えたいという人におすすめです。

また、この本のおすすめの使い方があります。

それは、余白スペースが多いため、どんどん自分で書き込んでいくことです。

この本で自分なりに理解したことや、現場で学んだことを、この本に書き込むと良いでしょう。

この本自体も、重要箇所は赤字になっていたりと、よくまとめられたノートのように非常に見やすくなっています。

「波形異常ごとに見るポイント」や「なぜそういう形で異常が表現されるのか」ということもわかりやすく解説されています。

また、文章も医学の教科書のように堅苦しくないので、学生さんや心電図に対して【初心者の方】にも読みやすいです。

医学生さんは基礎本として持っておくのも良いでしょう。

まとめリンク

これならわかる! 心電図の読み方 ~モニターから12誘導まで~ (ナースのための基礎BOOK)

看護の現場ですぐに役立つモニター心電図 (ナースのためのスキルアップノート)

新装版 ナース・研修医のための心電図が好きになる!

まとめ

心電図のおすすめ本

  1. おすすめ本①「これならわかる! 心電図の読み方 ~モニターから12誘導まで~ (ナースのための基礎BOOK)
  2. おすすめ②「看護の現場ですぐに役立つモニター心電図 (ナースのためのスキルアップノート)
  3. おすすめ③「新装版 ナース・研修医のための心電図が好きになる!」 

心電図を読むときに一番難しいなと思うのは、心電図を取る人や心電図の貼り方によっては、波形が少し異なるということです。

心電図に慣れていないときには、基本的なきれいな波形でなければ読み取りや理解が難しいということもありますね。

しかしこれらの本によって、基本的なことが理解できていれば、多少の心電図の違いがあっても読み取ることができて、自信がつくことでしょう。

まずは自分に合った1冊を見つけましょう。

それぞれの目的に合った1冊が見つかれば、あなたの心電図レベルは格段にアップすること間違いないはずです。

ぜひ一度手に取ってみることをおすすめします。

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました