【現役看護師監修】医療手技を「ねじ子のヒミツ手技シリーズ」で学びましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療手技を気軽に楽しく学ぶなら「ねじ子のヒミツ手技シリーズ」がおすすめ!

看護師が覚えるべき医療手技は、たくさんあります。

ですが、見学もしたことがない手技は覚えるのに時間がかかりますし、経験の少ない処置を急に任されるとパニックになることもありますよね。

「看護師が関わることが多い医療手技をちゃんと勉強したい!でも時間がない…」

こんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

ここでは、新人からベテランまで、幅広い診療科で活躍する看護師におすすめしたい「ねじ子のヒミツ手技シリーズ」をご紹介していきます。

医療手技に関する知識をマンガ感覚で楽しく勉強できる、忙しい看護師でも手に取ってみたくなる書籍なので、ぜひ参考にしてみてください。

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

本書は、マンガ家も兼任する女医さんによって描かれた、【医療手技】の参考書です。

「医療のプロとして働いていても、難しい医療参考書は敬遠してしまう…」という看護師におすすめします。

なぜならほぼ全ページ、手描きのイラストが用いられ、「勉強」よりも「マンガを読む」感覚で読み進めることができるからです。

人体や医療物品が、手書き絵なのに本格的に描かれていて見やすく、更にかわいい癒やし系のキャラクターや、マンガで表現されるような擬音もたくさん出てきます。

また、手技の手順一つ一つにイラストが当てられているので、処置現場を見たことがなくてもイメージしやすいのも本書の特徴です。

説明文がとてもラフな上に、手技のちょっとしたコツや、くすっと笑える話も満載なので、読むのが楽しくなります。

『採血』や『尿道留置カテーテル』などの、看護師がメインで行う手技だけでなく、『動脈ライン』や『腰椎穿刺』など、医師が行う手技についても詳しく描かれています。

更に、手技の根拠も具体的なので、医師の診療補助に立ち会う前に熟読しておくと、初めての介助も緊張しすぎずに行うことができるはずです。

  • 新人看護師の参考書として
  • 指導者の新人看護師への説明用に
  • 患者からの質問回答の参考に

など、様々な場面で活躍する本なので、経験年数や診療科に関わらず持っておきたいです。

ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson

ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson

「ねじ子のヒミツ手技シリーズ」第2段は、『救急』に特化した医療手技解説書です。

病院で行う『心電図』や『心肺蘇生法』はもちろん、プライベートで急変した人に遭遇する場面を想定した『道ばたでの心肺蘇生法』についても描かれています。

特に新人さんや、急変処置に慣れない看護師なら、「もし急に人が倒れる場面に居合わせたらどうしよう…」と1度は考えたことがありますよね。

そんな方に向けて、ねじ子先生がわかりやすい絵で、リアルな場面を想定しながら描かれているので、ぜひ一読してみてください。

一回読んでイメージトレーニングしておくだけでも、緊急時への心構えができます。

また、『ノドに異物が詰まる』『動物に咬まれる』『熱傷』などの項目も、病院外で遭遇しうる事例です。

特に小さなお子さんをお持ちの方や、在宅で高齢家族の介護をしている方も、家に本書があるととても便利です。

ラフな絵柄や手書き文字により、マンガ感覚で読めるので、ざっと流し読みするだけでも、救急場面のイメージが付きやすいです。

「いざ」というときに役立つ知識が多いので、新人看護師からベテランナースまで幅広くおすすめします。

ねじ子のヒミツ手技#

ねじ子のヒミツ手技#

「ねじ子のヒミツ手技#」は、手術室・ICUで主に行われる手技の知識です。

手術中だけでなく、手術前後にも多くの手技が必要とされています。

ほとんどの書籍は、難しく堅苦しい文章で書かれているものが多く、勉強したくてもストレスに感じやすいです。

ですが本書は、ねじ子先生の他のシリーズ本同様、ラフな絵や手描き文字で、初心者でもわかりやすく描かれており、やはり楽しみながら学ぶことができます。

手術室・ICUでの手技に関しては、手術室やICUに勤務する看護師が読むことが多いでしょうが、本書は他の診療科に勤める看護師でもイメージしやすいのが特徴です。

『清潔と不潔の概念』や『ガウンテクニック』といった初歩的なことから、『手術器具の名前』『器械縫合』といった、手術室勤務でないとわからないことも、わかりやすい解説でたっぷり掲載されています。

外科系の病棟で働く看護師も、手術前後の看護に携わっています。

ですが、実際に手術室や術後のICUで何が行われているか、知らないことも多いでしょう。

また、内科や小児科病棟、外来で働く看護師でも、患者から手術について聞かれる場面はありますよね。

そんなときに「手術室で働いたことがないから、よくわからないんですよね」と答える看護師と、「手術室ではこんな処置が行われるんですよ」とざっくりでも説明できる看護師では、信頼度が大きく変わります。

医療のプロである以上、臨床で行われていることに興味・関心をもつことは重要です。

自分の診療科以外に関する勉強は気が重いと思いますが、本書であれば、ベッドに転がりながら、パラパラめくるだけで気軽に知識を身につけることができるでしょう。

まとめリンク

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson

ねじ子のヒミツ手技 2nd Lesson

ねじ子のヒミツ手技

まとめ

・ねじ子のヒミツ手技1st Lesson

・ねじ子のヒミツ手技2nd Lesson 改訂版

・ねじ子のヒミツ手技#

以上、ねじ子のヒミツ手技シリーズ3冊について、ご紹介してきました。

①吹き出し・擬音ありの、かわいく癒やされるイラスト

②初心者にもわかりやすい説明文

③ラフな雰囲気の読み物

これらの特徴が魅力的な参考書なので、勉強が苦手な方や、忙しくて時間が取れない方にとてもおすすめです。

どの診療科で働く看護師であっても、医療手技全般の知識を持っておくことは、どこかで役立ちます。

また、幅広い知識をもつ看護師は、患者や他スタッフとの信頼関係を築きやすいのも事実です。

・知らないことが多く詰まった1冊を手にとる

・知っている手技の多いものを復習がてら読み進める

・全シリーズ揃えてゆっくり楽しむ

どの読み進め方もおすすめですので、ぜひ本シリーズで、医療手技に関する知識を楽しく深めていってくださいね。

看護
スポンサーリンク
residential.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました