【現役医師監修】循環器内科を研修する先生におすすめの本【研修医の先生向け記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は内科研修のなかで、循環器内科の研修の際におすすめな参考書を紹介していきます。

循環器内科で扱う疾患は短時間で生命に直結することが多く、循環器内科疾患の知識は他の科に進んだとしても非常に重要です。

虚血性心疾患や不整脈はcommon diseaseでありながら短時間での対応を迫られます。

また自科の患者に慢性心不全が合併しており、対応が必要になるというケースも多く存在するでしょう。

研修医が循環器内科で押さえるべき項目は、循環器の救急疾患への初期対応、心電図や心エコーなどの循環器系の検査、心不全のマネジメントなど多岐に渡ります。

これらを習得するためにおすすめの参考書について見ていきましょう。

循環器内科のアウトラインを確認する

循環器内科を回る前や回り始めた時に循環器内科のアウトラインを掴むために有用な本について見ていきましょう。

極論で語る循環器内科

1冊目は丸善出版の「極論で語る循環器内科」です。

循環器内科のエッセンスをクリアカットに説明してくれています。

タイトルに極論とありますが、内容としては循環器内科のcommon diseaseを一通り解説してくれるベーシックなものとなっており、大きく偏っているということはありません。

初学者の方がまず読んでみるのによい本です。

レジデントのための循環器教室

2冊目は日本医事新報社の「レジデントのための循環器教室」です。

こちらはやや実践的な内容となっており、症例ベースに医師同士が会話をするという方式で書かれています。

実際の症例を目の前にしたときにどのようなことを考えるかがわかるようになっています。こちらは少し知識をつけてから実践として使うことがおすすめの本ですので、研修を始めて少ししてから手に取って今まで身につけた知識について確認するという使い方がおすすめの本です。

心電図をマスターする

循環器内科を回っている間にしっかりと心電図を読める様になっておきましょう。

心電図の読み方パーフェクトマニュアル

多くの心電図所見を網羅し、辞書的に活用できる本として、羊土社の「心電図の読み方パーフェクトマニュアル」です。

心電図の読み方に関してはこの本をマスターすれば充分と言えるくらい充実しています。

しかしながら内容はやや高度で分厚くて大きい本なので初学者が初めからこの本で勉強するのはあまり効率が良くありません。

レジデントのための これだけ心電図

はじめの一歩としては日本医事新報社の「レジデントのための これだけ心電図」を活用すると良いでしょう。初学者が押さえるべきポイントをコンパクトにまとめてあります。

救急などで短時間に心電図を解釈しないといけない状況に対する対応をできるようにするためにおすすめの本があります。

3秒で心電図を読む本

メディカルサイエンス社「3秒で心電図を読む本」です。

当然3秒なので細かい所見をしっかりとみつけるというものではなく、短時間でいかにクリティカルな心電図所見を見逃さずに心電図を見るかについてが書いてあります。

この本を読むだけで救急での心電図の苦手意識が薄らぐのでおすすめの本です。

心エコーをできるようにする

そうだったのか! 絶対わかる心エコー〜見てイメージできる判読・計測・評価のコツ

心エコーの参考書も良書が多数出ていますが、初めの1冊としては羊土社の「そうだったのか! 絶対わかる心エコー〜見てイメージできる判読・計測・評価のコツ」をおすすめします。

プローブの扱い方のようなごく基本的な内容から書かれています。

計測の仕方から各症例における判断基準まで書かれていますので、自分の受け持った症例の心エコーのレポートを確認してこの本をみて学習するといった方法で心エコーの理解を深めるのが良いでしょう。

まとめ

今回は循環器内科を回るときのおすすめの参考書を見ていきました。

循環器内科の知識はしっかりと習得しておくと、どの科にいっても役に立つ可能性が高く、循環器志望でなくとも学ぶ価値があるものです。

循環器志望のかたはさらに細分化した内容の学習も必要になりますがまずはとっかかりとしてこちらに挙げた分野から学んでみるとさらに細かい内容を学ぶのに役に立ちますよ。

まとめリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました